はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は39歳独身の会社員の方。現在の年収は700万円ほどですが、仕事の負担が重いため、転職を考えているといいます。年収を500万円まで下げた場合、資産形成にどのくらい差が出るのでしょうか? FPの秋山芳生氏がお答えします。


年収700万、毎月401kで5万5,000円、つみたてNISAで年間40万円の満額と、貯金で資産形成をしています。

仕事がきつく、少しペースを落としたいと思っております。年収はなるべく落としたくないですが、500万円まで下がった場合今後の資産形成にどのくらいの差がでてくるのでしょうか。きちんと把握した状態で、転職を考えたいと思っています。将来の不安としては賃貸であること、賃貸の場合は持ち家の人よりプラスどのくらい老後貯めておけばいいのでしょうか。

【相談者プロフィール】
・女性、39歳、会社員、独身
・住居の形態:賃貸(東京)
・毎月の世帯の手取り金額:39万円(5万5,000円分の401kを引いたもの)
・ボーナスの有無:なし
・毎月の世帯の支出の目安:25万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:9万円
・食費:3万円
・水道光熱費:1万円
・教育費:1万円
・保険料:1万9,000円(1万5,000円は個人年金)
・通信費:2,000円
・お小遣い:8万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:8万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):1,300万円
・現在の投資総額:800万円

秋山:ご相談いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナー兼FP YouTuberの秋山芳生です。今回は、独身で39歳の女性の方からのご相談です。収入も高く、資産形成もしっかり出来ていますが、そのぶん仕事の負担が重く、転職を考えていらっしゃいます。転職によって収入が下がった場合に、不安になるのが住宅費用と老後費用です。複数のパターンを想定しながら、今後の資産の推移がどのようになっていくかを一緒に考えていきたいと思います。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ