はじめに

年収を500万円まで下げた場合は?

それでは、働き方を変えて、年収を500万円まで下げたケースをみていきたいと思います。

年収が500万円になると手取りの収入が400万円ほどになります。毎月の手取りになおすと33万3,000円となります。いままでは、企業型確定拠出年金の天引き分を考慮すると、毎月の手取り額は44万5,000円と考えられるので、10万円以上少なくなります。加えて、転職をして給料を下げた場合に注意が必要なのが、住民税です。住民税は前年度の所得を元に計算されるため、年収が下がった場合に税負担が大きく感じられます。転職した初年度は手取りが33万円を切ると考えたほうが良いでしょう。

また、企業型確定拠出年金制度がある会社に転職するとは限りません。転職後は、個人型確定拠出年金の拠出額が毎月2万3,000円になり、手取り収入から積み立てる想定に切り替えて試算します。上記の前提で、再度ライフプランシミュレーションをしていきます。

2

資産の最高額は当然少なくなっていますが、100歳まで十分に資産がもつ結果となっています。一人暮らしで、特に大きなライフイベントを想定しない場合は、年収500万円でも十分老後の資産形成はできます。また、何より支出がしっかりとコントロールできているため、老後も含めて支出が崩れる心配が少ないので安定感がありますね。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]