はじめに

あけましておめでとうございます!新しい年になるとワクワクしますね。

2021年はコロナ禍の中、東京オリンピックが開催されました。大変だった世の中で、選手たちの活躍に、ポジティブな力をもらいました。お金のトピックとしては、格安スマホ・プラン、FIRE、米国株・ETF、NISA&iDeCo、ポイント投資、スマホ証券などがありました。今年はどんなキーワードがトレンドになるのか楽しみですね。

今回は、「2022年お金を貯めるためにすべきこと」を、みなさんと一緒に考えていきましょう。


「好きな仕事で稼ぐ+資産運用収入」のサイドFIREを目指す

FIREとは、Financial Independence, Retire Earlyのそれぞれの単語をとったもので、「経済的自立と早期リタイア」のこと。FIREとは投資法ではなく、生き方を指します。

実はFIREは大きく分けて2種類あります。

1つは「フルFIRE」です。完全に仕事を辞めて、資産運用の収入だけで生活するもので、FIREといえばこちらを思い浮かべる方が多いでしょう。もう1つのFIREは「サイドFIRE」と言われている生き方です。

なお、フルFIREの中には「リッチ型FIRE(Fat FIRE)」と「超節約型FIRE(Lean FIRE)」が含まれます。リッチ型FIREは高収入や事業の成功、投資でハイリターンを得るなどして、数億円に及ぶ十分な資産を確保したうえで早期リタイアするもので、誰もが憧れるものの、再現性はかなり低いFIREです。

超節約型FIREは、極端な倹約で生活費を最低限に抑えて、資産運用の収入のみで生活するFIREです。生活で使うお金が少ない分、用意する資産も少なくてすみます。物価の安い地方や海外に移住するケースも多いです。このFIREは、FIREを目指している間もFIRE後も超節約生活が続くタイプです。

さて、サイドFIREの話ですが、このFIREは資産運用で収入を得て、同時に働いて収入を得ながら生活する生き方です。勤労収入は現役時代ほど必要ないため、好きな仕事や時短勤務を選ぶなど、労働面での自由度は高くなります。人生のリスクを抑えつつ、日々の充実感を得ながら楽しく生活できるFIREと言えます。

資産運用の収入があることで、ご飯を食べるために(生活するために)する仕事、いわゆる「ライスワーク(Rice-Work)」からの脱却は目指せます。「好きな仕事で稼ぐ+資産運用収入」のサイドFIREを目指すのはどうでしょうか。

早く仕事を辞めたいのは、その仕事を嫌嫌やっている可能性が大きそうです。好きな仕事を無理せず続けるためには、「経済的自立(FI)」の確立が必要です。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう