はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、26歳会社員の女性。今後海外で働きたいという希望があり、結婚するかどうかはわからないという相談者。つみたてNISAを始めたばかりで、iDeCoを始めるべきか迷っていると言いますが、判断の基準は? FPの伊藤亮太氏がお答えします。


転職により収入が増え、いつのまにか普通預金の残高が500万円を超えました。つみたてNISAは今年からやっと始めました。

今後、海外で働きたい気持ちもあり、iDeCoは始めた方がいいのかどうか迷っています。現状 月々20万円程余裕資金があります。将来結婚するかどうかはわかりません。住居は親所有のワンルームマンションを相場より安い家賃で借りています。どのようにお金を運用すべきかアドバイスをお願いいたします。

【相談者プロフィール】
・相談者:女性、26歳、会社員、独身
・住居の形態:親所有のマンション(東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:38万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:180万円
・毎月の世帯の支出の目安:18万円
・住居費:5万円
・食費:3万円
・水道光熱費:1万円
・通信費:1万円
・お小遣い:6万円
・その他:2万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:20万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:100万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):500万円
・現在の投資総額:0円
・現在の負債総額:0円

伊藤:ファイナンシャルプランナーの伊藤亮太です。回答させていただきます。まず、26歳という若い年齢で貯蓄が500万円を超えている点、素晴らしいと思います。収入が多いことが大きな理由とはいえ、特に大きな支出もなく堅実に生活されていることで貯蓄がしっかりできる体質となっています。

このまま貯蓄を行っていけば、年間に340万円ほど貯まる計算になります。仮に30歳時点では1,500~1,800万円ほどの貯蓄ができている試算になります。しかも年収は今後上がっていくでしょうから、さらに貯まるものと想定されます。

こうした状況であることと、海外で働きたい気持ちがあるのであれば、今後のライフプランをどう描いていくかにより状況は大きく変わっていきます。ご自身なりにどういった人生経路を歩む可能性が高そうか、今一度考えてみましょう。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介