はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、最近投資を始めたばかりという37歳フリーランスの方。先々まで現在と同じ収入を得られる保障がないため、iDeCoやNISAをどのようなバランスで運用していけばよいのかわからないといいます。自営業者の上手な将来への備え方は? FPの伊藤亮太氏がお答えします。


現在37歳フリーランス歴5年になります。いつも来年までの仕事は確保できていますが、それ以降の収入がどうなるかは不明確といった働き方です。

相談は最近始めた投資についてです。収入が少なくなっても続けていけるよう、つみたてNISAを選択しましたが、仕事のある現在は年間40万の非課税枠の投資では余剰金が出ています。

現在貯蓄に回している月20万程の資金も投資に回したいと思っています。ですが先程も挙げた通り、いつまでその収入が続くかはわかりません。投資は老後の生活資金への一部充当が目的です。iDeCoは資金拘束が不安で月1万5,000円と少なめです。

今年はもう積立を始めてしまいましたが来年は一般NISAで120万円の非課税枠を利用して運用したほうがよいでしょうか?一般とつみたての変更はあまり行わないほうが資産運用にはプラスでしょうか?

他の案として「つみたてNISAを続けて余裕がある時には課税口座でのスポット購入をする」や「現預金を増やし続ける」など色々なパターンを考えては悩んでいます。不安定な収入の中で少しでも有意義なお金の働かせ方を見つけたいです。アドバイスよろしくお願いいたします。

【相談者プロフィール】
・女性、37歳、自営業、独身
・住居の形態:賃貸(関東地方・一人暮らし)
・毎月の世帯の手取り金額:39万6,000円
・ボーナス:なし
・毎月の世帯の支出の目安:14万2,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:4万9,000円
・食費:2万3,000円
・水道光熱費:1万2,000円(年間費を月割)
・教育費:1万円
・保険料:4,600円
・通信費:7,100円(ネット+スマホ+クラウド)
・お小遣い:1万円
・その他:日用品3,000円、猫費8,000円、iDeCo1万5,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:22万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):500万円
・現在の投資総額:10万1,000円
・現在の負債総額:0円

伊藤:ファイナンシャルプランナーの伊藤亮太です。回答させていただきます。

私も自営業の身ですから、いつ何時収入が減るのではないかという不安に駆られる気持ちは大変よくわかります。相談者様は投資は老後資金のためとお考えのようですが、私はいざ収入が減った時のためと考えてもよいのではないかと思います。

つまり、長期的なビジョンでは老後資金確保ではあるものの、いざ収入が減った時の補填としても活用していくのがいいと考えます。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介