はじめに

受け取り間近の60代は?

【60代】運用リスクを下げた、安定的なポートフォリオ:国内株式に5%、国内・外国債券に15%、元本確保型80%

資産のほとんどは元本確保型で、市場の暴落などのリスクからは遠ざけておく必要があるでしょう。
老後の資産が枯渇するという、「長生きのリスク」も視野に入れながら、守りの運用が大事になってきます。

あくまでも投資・運用は自己責任で行うものです。とは言え、普通預金に預け入れていることが「リスクの回避」とは言えない時代になりました。

老後の資産形成のために自らの努力が必要とされる今、経済的な不安のない老後を迎えるために、投資・運用という手段を取り入れることも必要でしょう。上手にリスクと付き合い、時間をかけながら、無理なく資産形成をしていくことがポイントです。

この記事は参考になりましたか?