はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。 今回の相談者は、36歳、会社員の男性。退職金がないため、老後資金が心配な相談者。住宅ローンの完済予定は71歳、これから子どもも欲しいといいますが、どんなマネープランを立てればいいでしょうか? FPの高山一惠氏がお答えします。

今の会社は退職金制度がないため、老後の資金が心配です。また、36歳にして住宅を購入し、住宅ローンを35年(変動)で組みました。完済予定が71歳になるため、65歳定年時までに完済したいと思っています。

今は共働きで世帯年収は1,000万円程度のため、貯蓄もできていますが、今後子どもも最低1人は欲しいと思っていますので、老後資金がどのくらい必要で、どのくらい貯められるのか心配です。

【相談者プロフィール】
・男性、36歳、会社員、既婚
・同居家族について:
 夫(相談者)/会社員(SE)、年収570万円
 妻/31歳、会社員(SE)、年収420万円
・住居の形態:持ち家(戸建て・千葉県)
・毎月の世帯の手取り金額:49万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:160万円
・毎月の世帯の支出の目安:27万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:11万円
・食費:6万5,000円
・水道光熱費:8,000円
・保険料:1万円
・通信費:1万2,000円
・その他:6万5,000円

【資産状況】
・現在の貯金総額(投資分は含まない):650万円
・現在の投資総額:600万円
・現在の負債総額:4,030万円
(住宅ローン4,100万円、変動金利0.68%、返済期間35年)
・退職金なし

高山:ご相談ありがとうございます。現在、DINKSでバリバリと働いていらっしゃいますが、将来、お子さんを授かりたいとのこと。お子さんを授かることはとても喜ばしいことですが、一方で、働き方を見直したり、教育費を準備したりと、これまでとは違う視点からマネープランを考えなくてはいけなくなります。お子さんを授かることを前提に、住宅ローンの繰上げ返済、教育費、老後資金など、今後のマネープランのポイントを考えてみましょう。