はじめに

子どもの教育費はどれくらいかかる?

ご相談者さんは、お子さんが希望すれば、高校から私立に通わせてあげたいと考えているようですね。仮に、小学、中学は公立、高校、大学は私立として教育費を見てみましょう。

文部科学省の子供の学習費調査(平成30年)を見ると、学校教育費、給食費、学校外活動費も含めて1年間にかかる費用は公立小学校の場合、約32万円、公立中学校の場合、約48万円。つまり、小学、中学と子どもが公立に通う場合には、家計から教育費として月額3万〜4万円程度の支出が目安になります。

私立高校の場合は、1年間にかかる費用は約96万円。家計から教育費として月額8万円程度の支出が目安になります。ただし、一定の条件を満たせば、私立高校、公立高校どちらに進学する場合でも助成制度があります。

私立に通わせられるかどうか

教育費準備の考え方として、子どもが高校を卒業するまでの学費は家計からやりくりし、大学の学費は、子どもが18歳になるまでに、300〜500万円を準備するというのが基本です。

つまり、子どもが私立高校に通う場合には、大学の資金のために貯蓄しつつ、家計から教育費として月額8万円程度を捻出することができるかどうかが私立に通うことができるかどうかの目安になります。大学の資金については、すでに保険で準備されているようで、払込もあと5年とのこと。家の購入の前に360万円は準備できそうですね。

3年以内には、ご夫婦の奨学金の返済が終了する予定のようですから、小学、中学までの費用は、家計から捻出できそうですが、家の購入以降は、毎月貯蓄できる余裕はなさそうです。高校の費用ですが、11年後に満期になる貯蓄型の保険があり、450万円あるとのことですから、そちらを学費に充てれば、私立に行ったとしても費用は捻出できそうです。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]