はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、44歳、会社員の女性。資産の大半が貯蓄型保険・投資信託・株・個人年金で、現金預金は少なめ。ここ数年はお子さんの教育費もかかり、ますます現金での貯金ができなくなっているといいます。適正なバランスはどのようなものでしょうか。FPの秋山芳生氏がお答えします。

貯蓄の大半が預金ではなく、投資信託や株、貯蓄型の保険、個人年金です。預金での貯蓄金額、貯蓄割合を増やすべきでしょうか。増やすとしたら、どの程度が良いでしょうか。

●毎月の貯蓄の内訳
夫の自社株を毎月4万円ずつ購入(給与天引)
夫の個人年金保険 月1万円
妻が毎月1万円ずつ投資信託に積立(つみたてNISA)
妻の貯蓄型保険 月1万円
妻の企業型確定拠出年金 月1万円

●ボーナスからの貯蓄の内訳
長男学資保険 年払い 約20万円 満期400万
長女学資保険 年払い 約26万円 満期500万円
次女学資保険 年払い 約20万円 満期400万円

ここ数年は中学受験費用、入学資金が嵩んだり、入居10年以上が経過して設備を取り替える費用などに充てており、ボーナスからの預金積立は増えていません。
(特別費は全てボーナスから補填)

【相談者プロフィール】
女性、44歳、既婚、会社員
同居家族について:
夫→42歳、会社員、月収41万
妻→会社員、月収29万
長男→15歳、中学3年生。私立中高一貫校
長女→13歳、中学1年生 私立中高一貫校
次女→9歳、小学3年生 公立小学校
住居の形態:持ち家(マンション・集合住宅)
毎月の世帯の手取り金額:69万
年間の世帯の手取りボーナス額:560万
毎月の世帯の支出の目安:61万

【支出の内訳】
住居費:11万円
食費:13万円
水道光熱費:3万円
教育費:5万円(私立中の学費は生活費の余り+ボーナスから支払)
保険料:5万円
通信費:2万円
お小遣い:12万円
その他:12万円

【資産状況】
毎月の貯蓄額:8万円
ボーナスからの年間貯蓄額:100万円
現在の貯蓄総額:預金は180万円。学資保険や株など全て含めると1400万円
現在の投資総額:420万円(株と投資信託。利益除く。元本割れはしていない)
現在の負債総額:1300万円

秋山:ご相談いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナーの秋山です。

お子さんの学費の捻出と保険の支払いに追われてしまい、現金預金が少ない状態ですね。
一番下のお子さんも、上の二人のお子さん同様、中高一貫校への進学を希望しているのでしょうか。そうなるとこれから中学受験があり、入学金なども考えると今の現金貯蓄ではかなり心もとない状況かと思います。

また、ご収入は高いですが、ボーナス560万円がありながら100万円ほどしか貯蓄に回せていないということは、460万円の臨時支出がある状況です。不況下でボーナスが止まってしまうこともあり得ます。そんないざというときに、現金貯蓄がある程度ないと対応できなくなることがありますし、場合によっては借り入れをしないといけなくなるかもしれません。これはかなり危険な状況の可能性もあるので細かくチェックしていきましょう。